楽器の練習場所ワンストップ検索

新しいバンドのための簡単な練習のヒント

新しいバンドのための簡単な練習のヒント

いつでも見つけることができます ガッキバの場所 日本のほぼすべての都市で、を。ただし、ミュージシャンは、自分のスキルの成長を促進するのに大いに役立ついくつかのヒントを知る必要があります。これらのいくつかは見落とされていますが、他の人は明白ですが無視されています。これらのヒントはすべて、改善のプロセスを抽象的なものから測定可能なものに変える手助けをすることに専念しています。

ジャーナルに毎日の練習の要約を書き留める

ノートブックの1ページまたは2ページにその日の練習の要約を書き留めます。良い結果、悪い結果、次の練習の目標を必ず含めてください。これにより、バンドの全員が、スタジオにアクセスするたびにジャミングするだけでなく、チーム全体が改善していることを確認できます。進歩の具体的な証拠は、バンドのメンバーが興味を失うのを防ぐのにも役立ちます。無駄な努力の考えは、うつ病の最大の燃料です。

毎日のチェックリストを通じて生産性を追跡

するバンドが1日を通して行うと予想される一連の活動をリストアップします。機器のセットアップ、ウォームアップ演習、および対処する必要のある問題についてのブレインストーミングの時間を含めます。昨日のパフォーマンスまたは最新のリハーサルに基づくことができます。たぶん、バンドのメンバーは新しいテクニックを探求したいと思っています。 

これらすべてのアクティビティに、それぞれ10〜15分の割り当て時間を与えます。リハーサルは20〜30分で行う必要があります。チェックリストを作成することは、バンドに利益をもたらす2つのことを行います。 1つ目は、気が散るのを防ぐことです。二つ目は、メンバーは時間を無駄にしなかったと安心しているということです。

すべてのリハーサルのビデオ録画を保持する

レビューできる録画がない限り、リハーサル中に何が悪かったのかをリストアップすることはほとんど不可能です。この問題を解決するには、録音だけでは不十分です。視覚的な記録は、メンバーがキューを見逃しているなどの微妙な問題を特定します。さらに、ビデオ録画は、バンドが聴衆の視点から自分自身を見るのにも役立ちます。問題を見つけることは別として、それはまたバンドが素晴らしい仕事をしたかどうかを示します。 

ブレイクアウトグループを維持するブレイク

アウトグループには、メンバーを別々の小さなグループにペアリングすることが含まれます。これの目的は、リズム、ベース、ボーカルなど、バンドのパフォーマンスの特定の部分を評価することです。場合によっては、全体像を改善するための最良の方法は、細部にいくつかの小さな調整を加えることです。

アンプを保つ

適度な音量に適度な音量とは、メンバーが楽器の演奏が期待されるすべての音を読むことができる場合です。スタジオ ガッキバの施さ はほとんど防音対策がれているので、苦情を避けることではありません。アンプを適切なレベルに保つことは、メンバーがレベルを正しく設定するのに役立ちます。あなたのジャンルがスラッシングや唸り声であるとしても、それらのタイプの音楽を演奏することにはフィネスがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Theme: Overlay by Kaira
Copyright(c)2020 楽器の練習場所ワンストップ検索 All rights reserved.